企業向け早活診断

企業がどの程度早活を実施しているか判断」
haya88970

インターンシップ・職場体験等を毎年積極的に受け入れている。

当てはまる
当てはまらない

学校での出前授業やキャリア教育などを毎年積極的に行っている。

当てはまる
当てはまらない

パートナーシップがある高等学校を1校以上築けている。

当てはまる
当てはまらない

高校生向けに仕事を紹介するパンフレット・ウェブをもっている。

当てはまる
当てはまらない

高校生向けに仕事を伝える動画をもっている。

当てはまる
当てはまらない

その仕事をするのに、大学で身につけられる知識・能力は必要ないので一般の求人に大卒以上と書いていない。

当てはまる
当てはまらない

高卒新卒採用(早活採用)を行っている(採用できていなくても)。

当てはまる
当てはまらない

求人票に記載される仕事の名称と内容に、従事する作業内容だけでなく、仕事の目的や達成した時のイメージや、成長などが平易に記載されている。

当てはまる
当てはまらない

入社から4年間の成長モデル(早活人材成長マップ)を、これまでの事例と照らしながら定義する。

当てはまる
当てはまらない

成長モデルに沿った研修や資格取得などの制度を作っている。

当てはまる
当てはまらない

1年目に年間50時間以上のOFF-JT研修を実施している。

当てはまる
当てはまらない

成長意欲が比較的高い仲間(社外が望ましいが社内でも可)とのつながりをもてる環境をつくっている。

当てはまる
当てはまらない

ブラザーシスター制度など、社内で相談しやすい、年齢の近い指導役をつけたり、担ったりする制度をもっている。

当てはまる
当てはまらない

同業種の初任給と比べて平均以上の給与・休日条件になっている。

当てはまる
当てはまらない

早活人材成長マップに沿った成長に沿った場合、23歳時点での給与条件が大卒と比べて同じか、それ以上になっている。

当てはまる
当てはまらない

入社時から大卒と高卒の給与や待遇面での格差はない。実力次第で社内で活躍できる。

当てはまる
当てはまらない
診断する
トップページへ戻る