あなたのタイプは何タイプ

ユングのタイプ論で8つのタイプを診断します
結果:全8パターン
しょうご

選択肢を選んでください

物事を論理立てて根拠をともなって他者に説明するのが得意な方だ
一人でじっくりと哲学的にいろいろ考えるのが好きな方だ。
対人場面では分かりやすく喜怒哀楽を表現する方だ。
外には出さないけれど自分の中で感じている喜怒哀楽がたくさんある。
人の服装や化粧の変化によく気付き自分の見た目にも気を遣っている。
周囲の出来事よりも自分の中で起こる感覚に集中する方だ。
新しいことを体験することが好きだけで飽きるのも早い方だ。
予感をしていたことが実際に起こることがよくある方だ。
何かに失敗した際は自分や相手の気持ちよりも原因を論理的に考えることが多い。
自分が考えている思考や判断が何に規定されているか考える方だ。
人の気持ちを気遣い立ち居振る舞うことができる方だ。
人の気持ちを気遣うけれど行動に移すことができないことが多い。
フットワークが軽く、身体を動かしたりする作業を好む。
心の中に湧きあがる強い感覚や印象に心奪われる方だ。
アイデアが豊富で思いつきで行動することが多い
理屈や感情でなく自分の内にひらめく直感を重視する方だ。
立証された事実を重視し、物事を考え、それを多くの他者と共有したい。
学歴・名誉・権威に対する興味・関心がある方だ。
その場の雰囲気に応じて誰とでもある程度仲良くできる。
人に自分の話をするより相手の話を聞いていることが多い。
自分の心と向き合うことよりも現実的で一般的なことを重視する方だ。
自分の気持ちや考えよりも感覚を大切にする方だ。
考えが飛んでいて人の感情や考えに注意が向きにくくなることがある。
内面に漂うイメージやビジョンを鮮明に感じることがある方だ。
仕事や対人関係は、感情よりも、論理的に分析してから行動する方だ。
同じ分野に関心のある他者と少人数で議論するほうが有意義だ。
初対面の人と話すのは楽しく、人の輪の中に入っていくのが好きな方だ。
流行の話題より、お互いの内面の話をする方が充実している。
周囲の出来事を理論的に考えるよりも感覚でとらえて判断して行動する方だ。
周囲の出来事に刺激や影響を受けやすく感受性が強い方だ。
社会の現実よりも、その先の可能性に興味関心がある方だ。
他者と共有していない素晴らしいアイデアがたくさんある。
周囲の出来事を分析し、その中で自分の考え方や行動を決定する方だ
希望的観測よりも論理的な判断基準を満たしたものを好む方だ。
理屈っぽく考えることより、その場の人の気持ちになって物事を決定する方だ。
その場の雰囲気ではなく独自の価値観を持ち自分の気持ちを大切にしている。
生活を楽しむことに価値を置き、趣味が多く、生活に刺激を求める方だ。
外界の強い物音や光、他者からの強い言動に対しては影響されやすい。
組織・慣習に囚われずより高い視点から全体を見渡して判断する方だ
自分の将来をからでてくる可能性を求めるほうだ。
診断する
トップページへ戻る